TOP >  会社情報 >  沿革

沿革

2009年 Redhorse Groupとしてコンシューマー事業へ参入
同年8月に 旅行お土産通販を手がけるトラベラー社株式の過半数を取得し子会社化する(経営権取得)
2012年2月 Redhorse Corporation香港によるTOBで100%子会社化(JASDAQ上場廃止)
2014年6月 自治体・事業者への後方支援業務として、ふるさと納税事業へ参入
2014年10月 予防医学としてウェルネス事業へ参入
2015年8月 大阪EXPOCITYに日本最大級の観覧車「Redhorse OSAKA WHEEL」を建造
2016年1月 持ち株会社Redhorse Corporation香港(現Redhorse Group Co.Ltd)が台湾市場(Taipei Exchange)へ上場(証券番号2928)
2016年2月 ウェルネス事業:
「アスパラルチン」が、ヘルシーDo(北海道食品機能性表示制度)を取得
2016年4月 Redhorse Groupとしてのグループブランディングのため、レッドホースコーポレーション株式会社へ商号変更し、CI(corporate identity)を刷新
2016年4月 本社を東京都江東区に移転
2017年6月 旅行業免許(東京都登録旅行業第3-7385号)を取得
2019年1月 ふるさと納税返礼品一元管理プラットフォームとして『Furusato360』を開始
2019年5月 防災ソリューションコンサルティングに参画(『蓄電池』の販売を開始)
2019年12月 産直D2C事業として、生産者に寄り添った新しい地方創生を目指すサービス『OWL』を開始
2019年12月 ウェルネス事業:
「アスパラルチン」は機能性表示取得と共に、『スイミナイト』へリニューアル発売
2020年3月 子供たちがゲームを通じ、コミュニケーション・科学技術の知識を育む場として大阪EXPOCITYに日本最大のeスポーツ専用施設『REDEE』を開業
2020年3月 店舗運営事業部門を分社化し、新会社『レッドホースプラス株式会社』を設立