LANGUAGE 日本語 ENG To be released by Aug. 2022
TOP arrow_forward_ios NEWS arrow_forward_ios 2022.03.17

小学校高学年でも「プログラミング教室に通ったことがない」が約9割。通いたい、通わせたい、でもハードルが高い? ~REDEEでの校外学習利用者調査より~

日本最大級のデジタル教育施設「REDEE(レディー)」(所在地:大阪府吹田市、運営:レッドホースコーポレーション株式会社)は、2022年2月~3月にREDEEに校外学習で参加され小学校高学年(5~6年生)509名を対象にプログラミング学習やプログラミング教室についてのアンケートを実施しました。主な調査結果は以下のとおりです。

◆進まない「プログラミング教室」への参加

REDEEに2~3月に校外学習でやってきた小学校高学年(5~6年生)にプログラミング教育についてアンケートを取ったところ、プログラミング教室に通った経験があるのはわずか9%でした。約9割がプログラミング教室に通ったことがない、通いたいがまだ通っていないと回答しています。習いたいという希望はあるものの、実際に通うまでは何等かのハードルがあるようです。

2021年8月にREDEEに来館した保護者に対して実施したアンケートによると、プログラミング教室に通わない理由として「内容がわからない」「自分自身がよくわからない」という理由を挙げている人が多く、習わせたいという思いはあるものの、理解できないことを子どもにやらせることの怖さを感じているようです。

◆プログラミング経験は「学校の授業で」が7割

プログラミングの経験については、約8割が「やったことがある」と回答し、その7割が学校での授業で経験でした。使用経験のあるデバイスはパソコンが6割強、タブレットが約5割で、学校での授業でパソコンを使った人が約6割、タブレットが約5割とGIGAスクール構想における1人1台のデバイス準備が順調に進んでいることが伺えます。

●アンケート実施概要●

アンケート対象:2022年2月~3月にREDEEに来館された校外学習や修学旅行の小学校高学年(5、6年生)

アンケート人数:509名

 

◆子どもたちが今後してみたい、保護者がさせたい習い事の第3位が「プログラミング」

株式会社ベネッセコーポレーションが2021年6月に実施したベネッセ「小学生の習い事調査」において、小学生が現在している習い事以外に、今後してみたい習い事で「プログラミング」は第3位(7.4%)でした。また、保護者がさせたい習い事においても「プログラミング」は第3位(6.3%)となっています。論理的思考力を育む 「プログラミング」 は親子ともに人気であることがわかります。インターネットのある生活環境の中で生まれ育ってきたイマドキの小学生にとっては、プログラミングも身近な存在のようです。一方、保護者がさせたい習い事でもプログラミングが3位で、プログラミング教育は 2020 年度から実施された小学校の新課程で必修化された教育です。プログラミング教育を通して、育まれる論理的に考えていく力がこれから子どもたちに求められる重要な力でもあります。保護者はこれら教育の新しい動きをキャッチ
し、子どもの教育サービスに興味を示していると考えられます。

 

◆REDEEでは、まず親子でプログラミング体験

REDEEでは、随時親子で一緒に体験できる「プログラミング体験会」を完全予約制にて実施しています(有料バージョンと無料バージョン有)。親も一緒に体験すること、このことがプログラム教室への参加を促す近道であると感じています。親子で参加することによって、子どものやろうとしていること、子どものできることが理解でき、また、保護者の方にも新しい刺激になっています。体験会の後は、月額定額制のREDEEメンバーシップで子どもたちが好きな時間にやってきて自分で楽しみながら学べる環境を整えています。

REDEEメンバーシップとは、3ヶ月合計6回決まった時間に学習することができる「スクール」、講師が説明する座学型の「講義」と、自由な時間に来館しテキストを読みながら自分で学習を進める「自己学習」という教育コンテンツがあり、月額料金を支払えばいつでも好きな時間に好きなだけ学ぶことができます。

実際にREDEEメンバーシップをご利用いただいている保護者の方からは「子どもが毎日、REDEEに行くのを楽しみにしている」「学校の授業で理解できなかったことが理解できるようになった」等の嬉しい声が聞こえてきます。

REDEEメンバーシップは、現在、入会キャンペーンを実施中です。初月は 月額980 円、2ヶ月目以降は 2,980 円となっています。プログラミングの他にもゲーム制作、e スポーツ、ドローン体験、YouTuber体験など、多数のコンテンツがあり、メンバーシップの会員であれば、館内の利用はすべて自由となっています。自分の好きなことを楽しみながらデジタル技術や思考の組み立て方などを学ぶことができます。

昨年7月から始まったこのREDEEメンバーシップ。すでに多くの子どもたちが参加し、好きな時間に来館して、楽しく学習しています。中には毎日放課後通ってきている子どもたちもいます。

 

【REDEEは日本最大級のデジタル教育施設】

「REDEE」は、ゲームの体験を通じて、デジタル技術をはじめ、広域な知識やスキルを獲得するための施設として、2020年3月1日に大阪府吹田市のエキスポシティ内にオープンした日本最大級のデジタル教育施設です。258席を有するシアターのプロゲーマー体験エリアで、eスポーツ大会の出場者さながらの体験やゲーム実況者体験、VRやドローンの体験、プログラミング教室など、誰もが気軽に楽しんで、学べる施設です。学校関係者向けの校外学習や修学旅行先としても大変人気のスポットで、コロナ禍においても多数の団体様にご来館をいただております。

公式サイト:https://redee.game/

住所:〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1

アクセス:大阪モノレール「万博記念公園駅」より徒歩約2分、ららぽーとエキスポシティ内

施設面積:1,457坪

運営会社:レッドホースコーポレーション株式会社

【本リリースに関するお問い合わせ先】

e-mail:service-info@redhorse.co.jp