LANGUAGE 日本語 ENG To be released by Aug. 2022
TOP arrow_forward_ios NEWS arrow_forward_ios 2022.05.09

ついに決着! アスパラ大論争。勝ったのは穂先派か根元派か!? 調査結果発表。

農畜水産物の産直サービス「 OWL (アウル)」(以下「産直アウル」、運営:レッドホースコーポレーション株式会社)は、4/7より募集を開始していた「アスパラガス穂先派vs根元派第論争!」の結果を公開しました。その結果は…
今、まさしく旬を迎えているアスパラガスに対する関心も高く、全国から995件もの熱い想いが届けられました。
産直アウルでは、全国の生産者の方々の「思いとこだわりを畑から直送」していくために、今後も様々な方法で、生産者の販売拡大のお手伝いをしていきます。
https://owl-food.com/features/asparagus_controversy_result

◆大接戦を制したのは「穂先派」

接戦の結果、制したのは「穂先派」。その主張は「柔らかくて食べやすい」「筋がない」などの柔らかさや食べやすさの評価から、「ほろ苦さが美味しい」などの味に対する評価、中には、「穂先の方がアントシアニン、アスパラギン酸、ビタミン類と栄養が豊富で美味しいので」といった専門的な意見もありました。

今回は接戦の末、惜しくも敗退してしまった「根元派」の主張は、「シャキシャキ感が良い」「歯応えが好き」といったその食感への評価や、「甘い!圧倒的甘さ!」といった穂先のほろ苦さとは違ったの味に対する評価、そして「アスパラを食べた~という感じがイイ」という心に訴えるアスパラガスの力を主張される方も。どちらの主張も納得の内容です。

調査結果はこのように出ましたが、中には「実際はどっちも同じくらい好き♡」って声も。皆さんのアスパラ愛の深さを感じました。

 

◆旬のアスパラガスともっと上手く付き合う方法を産直アウルが伝授

穂先派根元派大論争を通して寄せられた皆さまの主張から、アスパラガスを愛するがゆえの様々なお悩みが明らかになりました。また、みなさんから様々な食べ方も教えていただきました。

1番多かったお悩みは「スジ剥き」について。簡単な見分け方やスジ剥きのいらない食べ方などを産直アウルが伝授します。

また、レシピのお悩みに関しては、新しい食べ方について解説。知って得する保存方法など、好きだけどこれが問題というみなさんのお悩みを解決します。

今がまさしく旬のアスパラガスは栄養の宝庫。上手く付き合ってより美味しく食べていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆自立自走可能な地方創生の実現へ。全国の生産地から直接消費者にお届けします。

想いやこだわりを畑から直送。産直アウルは、生産者の皆さんが食材を直接消費者に販売できるネット上の産地直送サービスです。アウルは全国の消費者と直接取引できるサービスで、従来の取引のように複雑な流通ルートを通りません。

「自立自走可能な地方創生の実現」をビジョンに掲げ、生産者が販売したい商品の内容量や値段を自由に決めることができ、“良いものを良いもの”として消費者にとどけることができる仕組み をつくることで “生産者・地域産業者の原動力になりたい”と考えています。

 

【本リリースに関するお問い合わせ先】

e-mail:service-info@redhorse.co.jp