LANGUAGE 日本語 ENG To be released by Aug. 2022
TOP arrow_forward_ios NEWS arrow_forward_ios 2022.06.23

地域の農家の販路拡大方法を解説。 長野県松本市でハイブリッド型生産者向け説明会開催。 ~6/15、松本市産業振興部農政課主催のセミナーで成果を出すポイント等を紹介~

農畜水産物の産直サービス「OWL(アウル)」(以下「産直アウル」、運営:レッドホースコーポレーション株式会社)は、6月15日、長野県松本市産業振興部農政課主催の「農産物通販サイト出店説明会」にて地域の農家の方に販路拡大のための通販サイトの利用のメリットについて説明しました。今回はインターネット通販に興味のある方がオンライン・オフラインで合計10名程度お集まりいただき、説明後の質疑応答では出店後のサイトの利用の仕方等、前向きかつ具体的な質問が飛び交いました。

産直アウルでは、今後もこのような地域に密着した生産者向け説明会を開催することによって、自社が掲げる「自立自走可能な地方創生の実現」に取り組んでまいります。

 

◆参加者からは説明終了後、販路拡大に向けて前向きな意見が飛び交う

今回の説明会は主催者の松本市産業振興部農政課から「ECサイト運営事業者にサイトの概要、販売方法及び成果を出すポイント等を紹介してもらい、農業者のECサイト利用を推進する」ことを目的にお話しをいただき、産直アウルの特長や実際にご利用いただいている生産者の事例紹介、インターネット通販による販路拡大のメリット等を紹介させていただきました。当日は地域の農業者がオンラインとオフラインで10名程度参加いただき、6月15日に開催しました。オフラインの会場は市内中心部にある松本市勤労者福祉センターでした。

説明終了後の質疑応答では、「予約販売の注文方法」「スマホで売上管理はどのような画面か知りたい」等、自身が出店する場合の使い勝手等についての質問が多く、また、開催後のアンケートでも、「購入者と直接やり取りができるのが良いと思った」や「新たに販売規格を作らなくても良いところに興味を持った」等、自分が出店する際のメリットを強く感じていただいたようでした。もちろん、不安な点が全くないわけではなく、「現在の出荷業務の+αの業務量になってしまうこと」や「販売方法がいろいろあるので、割当てが不安」といった意見もありましたが、それも含め、前向きな討論ができた説明会となりました。参加者の中からぜひ、出店したいというお声もいただきました。

 

◆松本市「高齢の生産者さんにも分かりやすいサイトを期待」

主催者である松本市産業振興部農政課は開催後の感想として「他サイトと比べて販売手数料の安さや、アウル配送を利用することにより無料で送り状の作成をしてもらえる点はとても魅力的だと思いました。ECサイトを検討中の方には良い候補になるのではないかと思います」と話し、説明会の開催目的である「農業者の販路拡大」のために市の補助金の利用等も呼びかけていました。そして、今後の産直アウルに対しては、「高齢の生産者さんにも分かりやすいアプリやフォロー体制であれば安心できると思います。産直アウルだけの特色やサービスが更に増えていけば良いと思います。」と期待を寄せるコメントをいただきました。

産直アウルでは今後も地域に密着したオンライン・オフラインでの説明会等を通じて、自社のビジョンである「自立自走可能な地方創生の実現」を広げていくため、生産者との接点を拡大し、生産者の販路拡大に努めてまいります。

 

【本リリースに関するお問い合わせ先】

e-mail:service-info@redhorse.co.jp