LANGUAGE 日本語 ENG To be released by Aug. 2022
TOP arrow_forward_ios ACTIONS arrow_forward_ios Work style diversity

多様な働き方

新時代を見据えた働き方
「e Work」で社員の生産性とQOLを向上

場所や時間にとらわれないteleWorkをはじめelectronics(エレクトロニクス)を駆使し、
Good-work・Best-work=e Workワークの実現のため、
多様化に対応すべく新時代を見据えた働き方改革に取り組んでいます。

テレワーク

「会社に来ることが仕事ではない」という考え方のもと、自宅やカフェなど、どこにいても仕事ができる環境を実現。

週休3日制

介護や育児などのやむを得ない事由がある希望者は、1週間あたりの休日を3日にすることができます。
※労働時間に比例した基準賃金となります。

スーパー時差出勤

5~22時の間で、就業時刻の繰り上げ・繰り下げの措置を受けることができます。ライフスタイルに合わせたフレキシブルな働き方が可能です。

副業OK

スキルアップ、資格の活用、十分な収入の確保等、様々な理由に合わせ副業を行うことができます。
※要届け出・規定あり

ワーケーション

テレワーク等を活用して観光地やリゾート地などでの仕事と休暇のバランスがとれる働き方も推奨しています。

ライフケアタイム制度

生理や更年期などによる体調の変調、不妊治療や通院等を理由に男女ともに1ヵ月に8時間以内取得できる休暇制度です。

中抜け制度

育児や介護などの家庭生活と仕事との両立のため、就業時間中に中抜けOK。労働時間の分割措置をとることができます。